ソフトバンクカードのポイント還元率は1%!

MENU
<スポンサードリンク>

ソフトバンクカードはポイント還元率1%

ソフトバンクカードは、通常のポイント還元率が1%となっていて、高還元率クレジットカードとして雑誌の特集に紹介されることも度々あるクレジットカードです。

リアル店舗でのショッピングや飲食、ネットショッピング、電話や電気の公共料金の支払い、ETCカード利用分など、ソフトバンクカードで利用した代金の1ヶ月の総額「100円ごとに1ポイント」付きます。

ソフトバンクカードのポイントは「ソフトバンクマネー」と言って、「1ポイント=1円」の価値ですので、ポイント還元率は1%となります。

多くのクレジットカードは0.5%のポイント還元率ですので、2倍の還元率ということになります。

「楽天Edy」「nanaco」「モバイルSuica」「スマートICOCA」チャージ分にもポイント
ソフトバンクカードのポイント制度が高く評価される点のもう一つが、電子マネーへのチャージ分についてもポイント付与対象となっていることです。

「楽天Edy」「nanaco(ナナコ)」「モバイルSuica」「スマートICOCA」へのチャージ分についても、通常と同じく「100円ごとに1ポイント」付きます。

これらの電子マネーは利用時にもポイントが付きますので、ソフトバンクカードでチャージすることにより、チャージ時にポイント獲得、そして利用時にポイント獲得と、ダブルでポイントを獲得することができるのです。

電子マネー「クイックペイ(QUICPay)」でもポイント獲得
後払い型電子マネーの「クイックペイ(QUICPay)」は利用代金をクレジットカードから引き落とすというシステムで使うことができます。

「クイックペイ(QUICPay)」利用代金をソフトバンカードで支払う場合、携帯やスマホのおサイフケータイ対応の端末で「QUICPayモバイル」での利用となります。

「QUICPayモバイル」での利用代金は、通常のカードショッピングと同様に、ソフトバンクカード利用代金とされ、「100円ごとに1ポイント」付与されます。

「クイックペイ(QUICPay)」は、ほとんどのコンビニで支払いに使えますので、コンビニでの小さい額の買い物分も、しっかりとポイント獲得につなげたいという方にはおすすめです。

ソフトバンクマネータウンでポイント獲得
各クレジットカードはカード会員向けにポイントをお得に付与するネットショッピングモールを運営していますが、ソフトバンクカードも『ソフトバンクマネータウン』というカード会員向けショッピングモールを運営しています。

『ソフトバンクマネータウン』経由でネットショッピングをすると、通常のポイントへ最低でも0.5%プラスしてポイントが付きます

楽天市場やYahooショッピングをはじめ、多数の有名ネットショップが参加されています。
Amazon(アマゾン)は残念ながら参加されていません。

ポイント有効期限は実質無期限
ソフトバンクカードのポイント「ソフトバンクマネー」の有効期限は最長1年となっています。
ですが、ポイントを獲得するたびに、それまで獲得していたポイント全てが毎月有効期限延長になるので、ソフトバンクカードで何かしかの利用が一年以上空かない限り実質無期限となります。

ですから、ポイントをじっくり貯めて使いたいという方のニーズにも合致するクレジットカードとなっています。


<スポンサードリンク>